エンタープライズ・イミューンシステム

ネットワークの正常の状態を知る
ルールや署名なし
数学&機械学習
リアルタイムの脅威検知

エンタープライズ・イミューンシステムは、組織が内部からの継続的脅威に直面するという原則に基づく、サイバー防御への新しい技術的アプローチです。人間の免疫システムの自己学習知能にヒントを得たこの新たなアプローチは、リアルタイムで組織内の「自己」を知ることのできる最先端技術によって実現し、他のセキュリティ制御をすり抜けて発生する脅威を検知することが可能になります。

サイバー脅威は多様な形態を取るため、例えばウイルスDNA など、予測がますます困難になってきており、選ばれた環境の中で生き延びるために絶えず突然変異し進化し続けています。人間の身体は、その免疫システムを通してこの問題と取り組んで個々の身体にとって正常とは何かを絶えず学習し続け、正常な進化のパターンに適合しない異常値を特定することができます。

ダークトレースは、同じロジックを企業環境に応用しています。エンタープライズ・イミューンシステムの技術は、全てのネットワーク、デバイス、個々のユーザーの生活パターンを繰り返し学習し、狙われていることを知らない脅威を示すわずかな逸脱を見分けるために、この情報を関連付けます。

「Threat Visualizer」

貴社のネットワークに光を当てる

ダークトレースの「Threat Visualizer」は、エンタープライズ・イミューンシステム技術を活用し、経営幹部や脅威アナリストの使用を目的にデザインされたグローバルな企業ネットワーク活動を代表します。次第に複雑化する脅威の展望の中で、「Threat Visualizer」は、基本となるベイズのアルゴリズムを用いて、脅威となる異常を動的に特定し、組織が事業に集中できるようにします。

「Threat Visualizer」は、あなたの企業全体に起きていることを理解するのを助け、全てのマシンとユーザーの間の、全てのネットワーク活動および内的外的なコネクションを視覚的に示します。それはハイレベルで機能し、多様な脅威や異常の警告をアナリストに伝え、特定の活動、サブネットおよびホストの事象を掘り下げて検討できるようにします。

  • 企業独自のグローバルな視点
  • フレキシブルなダッシュボード
  • 経営幹部や脅威アナリスト向けにデザイン
  • リアルタイムのグローバルな脅威マッピング
  • 履歴データのリプレー能力
  • 根本的ロジックが解明可能です
  • カスタムモデルの構築と管理

機械学習

新型の、動きの速い脅威を検知する

機械学習は、第三世代の最新機械革命と考えることができます。第一世代は産業革命での機械による筋肉の差し替え。第二世代では、もとは人によって行われていた反復作業がコンピュータに引き継がれました。機械学習は、コンピュータが複雑で思慮深いタスクを引き受けることができることを示しています。

ダークトレースの独特な技術は最新の機械学習で強化され、会社のネットワーク環境で何が正常なのかを学習することで、どんな動作が異常か判断することができます。これにより、以前ならば気付かなかったタイプのサイバー攻撃、つまり未知の未知を検知できるようになります。自己学習能力およびリアルタイムで変化する環境への適応する能力により、企業は最も効果的かつ実用的な方法で、事業の存続を脅かす深刻な事柄から保護しつつ、相互に関連する従業員、顧客ベースおよびサプライチェーンの必要を調整できるようになります。

サイバーセキュリティへの従来のアプローチは、第二世代の革命を具体化しています。つまり、攻撃が何を目的としているかを説明し、その説明にマッチするものをコンピュータに探させるということです。ダークトレースは、このパラダイムを頭脳に変え、コンピュータがデータを分析し、人間による取り調べに値するエリアを見つけるという、第三世代の機械革命を具体化しました。ダークトレースはこの能力によって、ルールや署名を必要とする従来のアプローチから脱却し、動きが速く、最新式の、未知の攻撃をリアルタイムで分析できるのです。

弊社のビジョンは、革新的技術によって、
人間の知能をサイバー防御に適用することです。

サイバー防御オペレーションにおける、弊社の類を見ない専門知識および画期的な自己学習技術によって、現代の攻撃者の速度と高度化に組織が対応できるよういたします。

APTであれ内インサイダーであれ、その攻撃に備えているダークトレースは、あらゆる攻撃の背後にある人間の足跡を熟知しています。弊社のソリューションはエンタープライズ・イミューンシステム技術に支えられ、どんなにわずかな不正アクセスや威嚇行為の兆候も、たとえ全く新しく複雑で変化し続けるものであっても検知することができます。

貴社の情報を高い壁で囲む時代は、終わりです。従来のアプローチでは、永遠に後手にまわるのです。ダークトレースは脅威と同じ速度で動き、組織で進行中の活動をリアルタイムで自動的に学習しながら、脅迫的な行為が生じる時にそれらを検知します。

技術者

世界トップレベルの数学者に突き動かされる

ダークトレースの類を見ないアプローチは、ケンブリッジ大学で開発された最先端の機械学習と数学に基づいています。ダークトレースの技術チームは、エンタープライズ・イミューンシステム技術の中心をなす画期的なRBE(再帰的なベイズ推定)理論の開発に助力した、国際的レベルの数学者および技術専門家で構成されており、サイバーセキュリティに対する従来のアプローチの限界を越えることができます。

ベイズの数学によって、大量のおびただしいデータセットから意味を導き出し、情報の増加に伴って、与えられた事象の予測確立を更新することができます。再帰的なベイズ推定は、このアプローチをスーパーコンピュータの必要なしに適用できるようにします。

諜報専門家

優れた諜報技術を企業に適用する

ダークトレースの設立者には、英国政府のMI5およびGCHQ出身のサイバーコミュニティ上級メンバーが含まれ、MI5の前長官ロード・エヴァンスが諮問委員会の役員を務めています。

弊社の専門家チームは、サイバー防御の第一線に立ち、人、公共サービスおよび知的所有権といった重要な国家財産を、高度なインサイダー攻撃および大規模で国家の支援を受けた諜報グループなど、最も狡猾な脅威から保護する責任を負ってきました。現在、ダークトレースのチームは、NSAや CIAなど、脅威分析から上級諜報ポストに至るまで、国際的な諜報コミュニティからの専門家を含むまでに拡大しています。

次: 製品
EnglishFrançais日本語