顧問役会

ウェアデールKCBロード・エヴァンス(Lord Evans)

アラン・ウェイド(Alan Wade)

創業顧問

ビル・フィッツジェラルド博士(Bill Fitzgerald)(1948年8月1日生まれ、2014年4月2日死去)

ビル・フィッツジェラルドは、応用統計学および信号処理の博士で、ケンブリッジ大学工学部信号処理研究室所長を務めました。信号やデータモデリングへのベイズ推定の応用で世界的に認められるようになり、その応用を開拓し、それを現代科学規則の原理として設定する面で貢献がありました。物理学者としての教育を受け、ケンブリッジに移る前には、グルノーブルのラウエ・ランジュヴァン研究所(ILL)のNeutron Scatteringで働いた他、スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETH)では物理学博士として務めました。

ビルは学問に傑出していましたが、その情熱は理論を実体に変換することに注がれ、幅広い経験は学究的環境にとどまりませんでした。マルコーニ(Marconi)やシュルンベルジェ(Schlumberger)など、大手の工業会社で応用科学の数多くの顕著なポストに就きました。クライスツ・カレッジ(ケンブリッジ)のフェローとしてフルタイムの研究と教授を開始した後も、自らのアイディアが産業に適用されることは自分の立場にとって基本的なことだと考えていました。博士のキャリアの後年には、信号処理と、金融詐欺から複雑な電子データの流れの中にある脅威ベクター検知に至るまで、現実世界の問題への、逐次モンテカルロ粒子フィルタ法の適用に焦点が向けられました。

晩年、国際学術コミュニティは、博士のベイジアン理論応用の功績をたたえ、ヨーロッパ協会信号処理技術功績賞を授与しました。そのような草分け的応用によって、サイバーセキュリティ分野は根本的に変化し、ダークトレースにも大きな影響をもたらしたのです。同僚、メンター、友人として、博士は素晴らしい存在でした。

EnglishFrançais日本語